TOKYO sunshine

STUDENT'S LIFESTYLE BASED IN TOKYO

パパが教えてくれた経済の話。

あまりにも話題になっているので、読まずに入られませんでした。

 

 

 

経済ということもあり、経済学を学ぶ者として読んでおかなければ。

 

タイトル通り、父が娘に語るように書かれており、とても読みやすかったです。

マクロ経済についてはある程度学んだつもりではいましたが、金融についてはあまり触れたことがなく、改めて基礎を学ぶ良い機会でした。

 

まず最初に、なぜ格差が生まれたのか、歴史やギリシャ神話を通して説明されるため、国際開発を学ぶのに歴史を学んでこなかった私は、これを機に歴史を学ぼうと決めました。

経済を歴史に沿って説明されており、流れが見えてわかりやすかったです。

 

この本を通して考えたことがあります。

 

一つ目は環境経済についてです。私は環境経済の研究室に配属されるのですが、経済と環境保護の両立についてこの本にも書かれています。

特に自然の商品化という考え方を初めて知りました。(どこかで聞いた話かもしれませんが、単語として聞くのは初めてでした。)

今後、大学院で学ぶ際には、この考え方が環境政策でどのようにはたらくかなど考えていきたいと思いました。

 

 

二つ目は、先読みが市場を混乱させるという考え方です。経済政策によって人々が予測し、集団の共通する予測や心理が現実になるというものです。

労基が賃金をカットすると発表した時、低賃金だからもっと人を雇うのか、低賃金のために人は物を買わなくなるのか。その時の集団の心理によって効果は変わります。

 

最近議論を呼んでいる一律給付金について、このことを応用して考えました。私と彼はこの議論になると意見が合わず、イライラしてしまいます。

 

一律給付金を配るために国債を発行するとインフレになると彼は言います。しかし、この考え方によると変に経済政策をやるより良いのでは?と思います。

 

なぜなら、今は世界全体が悲観的になっているから。

どんな政策をしても悲観的な結果になるのではないでしょうか。

ということは単にお金を配って購買意欲を刺激した方が良いのではないかと思います。効果は一時的でしょうが、、、

 

 

つながるのって難しい

こんにちは。今週は本当に1週間あっという間でした。

木曜日が休みではなかったら、、と考えると恐ろしいですね。

 

 

私もあと1か月半で大学院生、それから4か月もたつといろいろな企業でインターンシップが始まります。

その前になにか長期インターンで実績を作らないと、と考える日々です。

仕事内容が難しくてなんとなくこなしていたのですが、今週で何とか分かった気になっています。

いまだにアルバイトとインターンの違いは分かっていませんが、、

 

来週新しいインターン生が入ってくるみたいです。私はあまり競争が好きではないのですが、変なプライドがあって、負けたくないなと思ってしまいます。

 

自分の得意なところを頑張ればよいじゃんと自分に言い聞かせて来週を迎えられると良いですね。

 

 

また、仕事をしていると人脈って大事だなあと思うことが増えてきました。

私の上司も同じ大学の先輩に促されて大企業からベンチャーに転職したそうです。

私の彼もベンチャーインターンをしているのですが、紹介で転職する人も多いみたいです。

 

私は今まで、人に紹介してもらうという経験があまりないのです。そもそもの友達も少ないですし、つながっている人たちは大体私が行動してつながった人、私の環境の中にいる人です。

これでは出会う人数も限られますし、自分の環境の中にしかいることができないと思います。

 

最近はLinked inを使ってつながったり、ツイッターで見つけた英会話サークルに参加したりしています。

ただ、紹介してもらうならオフラインのほうが圧倒的に機械は多いのではないかと感じています。

 

皆さんはこのご時世、どのように人脈を広げているのでしょうか。

 

働くのって普通に難しいと思うんだけど

やっと平日5日間終わりましたね!みなさんもお疲れ様です!

毎日インターン8時間で大変疲れました。

 

 

感想は、ただただ「働くのってむずかしい!」

インターンとアルバイトの何が違うのか。

ただ仕事をこなすだけの日々で、社員さんとコミュニケーションを取ることもままならないくらいです。

 

 

5日目を迎えて社員さんに言われたことは、「顧客である企業のニーズを考えながら働くこと」。

特に大手企業よりベンチャーの方が、このような考え方が身につきやすいとのこと。

これはビジネスの世界では当たり前な心構えだと思うのですが、私には全くと言って良いほどない思考でした。

 

あ、でも同じことを勉強で考えると、国際開発について学ぶということは、世界を良くしたい、途上国の役に立ちたいと考えているからなのですかね。

それとも先進国に住むもののただの自己満足なのでしょうか。。。

 

ビジネス書だったり、仕事本だったり、需要があることが今になって納得です。

 

言われたことだけやってもだめだなーと痛感。

こうした方が良くなる!ともっと考えて仕事したいものですね。

そして本を買う。

 

 

 

 

 

 

 この通り、私は超内向型人間なので、内向型なりにどうしたら活躍できるのかを研究していきたいと思います!

 

 

暗くなると思慮深くなる

やっとインターン初日終わりました。8時間。

 

今日はオリエンテーションと自社サービスをよく知ることから始まりました。

とても面白いサービスで、見るのは楽しかったです。

 

ただ、、、

昨日の夜早めに布団に入ったのに、緊張して眠れず、結局2時間しか眠れませんでした。

 

 

明日も8時間勤務です。

最近集中力なさすぎだから慎重に、間違えないように気を引き締めて頑張ろう

ついにブルーマンデー

ただいまモヤモヤ中です。

 

何と、10ヶ月も働いていない私が、ついに明日から働くんです!

インターン生として雇っていただくことになりました。

 

卒論も終わり、大学院入学までこの2ヶ月何をしようかというところ、、

経済の勉強をしてきましたが、ビジネスを全く経験していないことに気づきました。

そこで、ビジネスについて学びたいと思い、インターンを探すことに。

 

実は学部時代にもいくつかベンチャーインターンには応募していましたが、面談に行く勇気が出ず。返信すら来なかったり。

 

この度は勇気を出していくつか面談を受けました。ありがたいことに大学院に合格した途端、企業からの返信率が100%

これが学歴フィルターなのか、、、

 

そして一番行きたかった企業から誘っていただき、明日から業務開始です。

すでに会社用のメアドをもらい、slackに招待していただいたのですが、一日中通知がくる、、、情報量多い、、、ここに馴染んでバリバリ働いている姿が想像できない、、、

 

きっとここで一生懸命やったら1ヶ月後2ヶ月後には別人になっているんだろうな。

 

時間がありすぎるので、2月はフルタイムで入れました。

この生活リズムに合わせて、

朝は早く起きる。本を読む。仕事。英語の勉強。

これらをうまく両立できるようにしたいです。

 

今からすごく緊張して眠れないかも、、、

半年前に就活を諦めたのに半年後にまた就活が始まる

こんにちは。

卒論も終わり、あとは卒業を待つだけで今は何もタスクがない日々です。

それでも毎日Kindleで経済学の本を読んだり、英語の勉強をしたりしています。

時間はあるけどお金はない問題。貯金が尽きそうなのです。

もともと2つ掛け持ちしていましたが、1つはコロナで廃業し、もう1つはバリバリの接客業で、コロナと就活でお休みしていたら行かなくなってしまいました。

 

お金がないなら休んでないで働けよという感じですが、接客業が肌に合わないのと、ずっと接客業のバイトをしてきたので、もうしなくて良いかな(十分経験した)という感じです。

 

半年前までは大学生として就活していたのですが、そこで思っていたのは、自分の働く姿が想像できないということ。

 

大学入学時から大学院か就職かはずっと迷っていたところでした。結局3年生の夏はインターンに参加し、3月から面接が始まり、このまま就職かなと思っていましたが、どうも入りたい企業にはお祈りされ、何をしたいのかわからなくなりました。

 

7月に内定0のまま、就活は自分には無理だ、院試の勉強をしていた方が楽しいと思い、思い切って夏から院試対策を始めました。

 

このように、ずっと迷っていたのに結局何も準備していないまま間際になって決断するところ、良くないですよね。。。

 

院進が決まって時間がある今、今度こそ将来に向けて準備せねば。

 

ベンチャーの長期インターンに初めて応募しました。

そもそもビジネスだとか、会社だとか、何も知らなかったわけです。

面談して、会社説明を受けていると、大企業の会社説明よりも面白いな、と思うところが多くありました。

大企業ばかり狙って就活していた頃と、自分の研究分野と一致しているベンチャー企業

働きたいという気持ちが久しぶりに沸きました。

 

インターンシップ (字幕版)

インターンシップ (字幕版)

  • 発売日: 2015/03/18
  • メディア: Prime Video
 

 そしてこれを観ました。

今までは勉強をしていて個人戦という感じだったので、仕事をする上でチームでうまく動きたいですね。

 

それより、授業とインターン、就活。それに海外のフィールドワークや留学などやりたいことが見えてきたのに、全部できるのか、、、?

卒業論文後記

今日卒業論文の発表会があり、大学のでの学びが終わりました。

 

私の学部は新設で初めての4年生なので、卒業論文ではなく卒業研究プロジェクトという名前でそんなにきつくないとのことでしたが、普通に中身は卒業論文でした。

 

私の卒論は3年生の後半から始まりました。

ゼミの先生が本当に面倒見が良い方で、余裕を持てるように3年生の夏休みが終わった頃から、ゼミで研究について説明してくれました。その頃に研究したことや大体のテーマを決め、文献調査や簡単に分析をしました。3年生の終わりにゼミ内で発表しました。

この時とテーマを変えた人も多いのでここでそんなに焦らなくても大丈夫です。

 

4年生になってからテーマを決定し、春の時点での卒論タイトルを大学に提出しました。

文献調査と主分析は4年生の夏休みの間に先生と個別に面談して進め、夏休み明けのゼミで発表しました。主分析をしていると、何を研究したいのかわからなくなりました。とにかく文献を読み、データを見ました。

 

11月の中旬に考察を完成させ、12月の上旬に序章や終章を書きました。考察は途中で自分が何書いてるかわからなくなりました。とにかく文字を打つことが大事です。

12月中旬に提出し1月中旬に発表するという流れです。

 

4年生のゼミは全てオンラインで、月1くらいで30分の個別面談でした。

質問があれば先生にSlackで送り、回答をもらって進めました。

 

発表時間は1人15分で、発表7分、質疑応答8分でした。

似ている領域のゼミと合同で30人くらいと教授が3人いました。

 

実は発表前に先生と練習し、質問の回答も練習していました。

質問は担当教授から、との事前告知だったのですが、まさかの3人全員から質問されるという、、、

 

今年度は全てオンライン授業になってしまい、ゼミメンバーにも会えませんでしたが、私は卒論で自分が研究したいことを存分にできて楽しかったです。

 

今日思ったことは、ハキハキと自信を持って話せるようになりたい。真面目な場面でニヤニヤしない。